shotokanbegin

■國際松濤館空手道連盟中野道場について

近代空手の祖・松濤 船越義珍翁(1869-1957)の最後の弟子である金澤弘和宗家が1987年に設立、

世界130ヶ国、国内132支部を有する著名な連盟です。

毎年夏には全国大会を代々木国立競技場で開催、また3年毎に世界大会を世界各地で開催しています。

この世界大会は一会派としては世界最大であり、世界最高の技術の選手たちが各国から集い自己と

自国の名誉をかけて正々堂々競技します。

連盟の活動目的は日本の伝統文化である空手道を通じ青少年の健全育成、国際友好親善、民間外交と

世界平和に貢献することとしており、精錬された指導員を世界各国に派遣して各国の文化を尊重し正しい

空手道の普及発展、技術指導に当たっています。 

國際松濤館空手道連盟中野道場は同連盟の中野支部です。

道場では礼節、勇気、克己、忍耐などの徳性を身につけるための人間教育を大切にしています。



2月16日 稽古風景

土曜日の初心者~中級者の稽古。

kodomo






写真は組手の稽古です。

小さな手に大きな拳ポーターを付けているのがカワイイです。

その後は上級者と大人の稽古。

黙想で気持ちと身体を一つにします。

otona






日々の忙しさに追われる大人には良いリフレッシュになります。

まだまだ寒い日が続きます。

道場の床も冷たいですがそれに耐えるのも鍛錬です。

空手の道は長い道のり。

日々精進です。

押忍。



2月11日 稽古風景

ただいま春の大会に向けて組手の特別稽古を実施しています。

休日返上で指導員も一生懸命指導しています。

写真は牛山竜利。

良い上段回し蹴りが入っていますね。

みんな、頑張れ!!

2012211 






押忍。



1月26日 稽古風景

礼に始まり礼に終わる。

お互いに礼

押忍。



第18回全国道場選抜大会

2013年1月20日に和光市総合体育館にて

第18回全国道場選抜大会が開催されました。 

中野道場と姉妹道場の小竹向原道場からも道場生が出場しました。

中野道場の岩井祐樹が小学校一年生の部、形競技で優勝をしました。

道場選抜






祐樹!おめでとう!

春は大会が複数あります。

みんな、頑張ろう!



稽古風景

1月19日の大人の時間の稽古風景。

19






形を中心にびっちり1時間。

充実の稽古でした。 

写真の形は「慈恩」(ジオン)。

押忍 。