3月20日、24日の2日間、日本空手道会館にて形講習会が実施されました。

松濤館流、剛柔流、和道流、糸東流の講習会が実施されましたが

松濤館流は126名と参加人数が最も多く、大変盛況でした。

jkf1






中野道場からも5名参加し、良い汗を流してきました。

午前中は突き、蹴り、運足などを中心とした基本の稽古で、

午後は全日本空手道連盟第2指定形、「観空小」と「燕飛」でした。

講師の先生方は津山捷泰先生、阪梨學先生、香川政夫先生と、

全日本空手道連盟の著名な先生方ばかりで、とても丁寧な指導、

そしてとても充実した稽古内容で大変勉強になりました。 

jkf2






中野道場はこのようなセミナーに今後も積極的に参加して参ります。

押忍。